03-6802-7227

ブログ

2020/10/15(木)

腰痛 坐骨神経痛のセルフケア

カテゴリー:坐骨神経痛, 坐骨神経痛ストレッチ, 腰痛体操

 

こんにちは!

 

台東区浅草にある腰痛専門 浅草友鍼灸整骨院 院長の間渕です。

 

 

今日は、自分で簡単にできる腰痛予防と、

 

脊柱管狭窄症で坐骨神経痛が出てしまっている方のセルフケアをご紹介します。

 

どちらかというと腰を反った時に痛みや痺れがある方、

 

それがない方でも腰が反りにくい方にも向いている方法です。

まず、仰向けで寝て、膝を抱えて胸に引きつけ、深呼吸をしながら、

 

腰の下の隙間が無くなるようにしてください。

次に、膝裏の真ん中にある筋肉を押さえ、また膝を抱え胸に引き付けて、

 

深呼吸を2回しながらさらに引きつけます。

今度は膝裏の外側にある筋肉を押さえ、深呼吸を2回しながら、

 

また同じように膝を抱え深呼吸を2回してさらに引きつけます。

次はタオルを使ってストレッチをしていきます。

膝裏にタオルをかけて、脚を組んで引きつけるようにして深呼吸を2回します。
(タオルを掛ける足は足を組んでいないほうです)

慣れてきたら、タオルなしでご自身の手で引きつけていきます。

膝を引きつけて、お尻まわりの筋肉をゆるめると、立ち仕事が続いた時や、歩き続けた時の脊柱管狭窄症由来の
坐骨神経痛の痺れを軽減することができます。
注意点としては腰を丸めるようにするストレッチになりますので、元々丸い方にとっては逆効果になってしまう恐れもあります。

 

その辺だけご注意いただければ腰痛にもすごく良いと思いますのでぜひ試してみて下さい。

 

 

それでは最後までブログをご覧頂き有難うございます。

 

 

 

 

6月26日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

03-6802-7227

【受付時間】10時~20時(日曜定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。