03-6802-7227

ブログ

2020/08/19(水)

台東区浅草友鍼灸整骨院 ギックリ腰セルフメンテナンス

カテゴリー:ぎっくり腰, 腰痛 セルフメンテナンス

 

 

こんにちは!

 

台東区浅草にある腰痛専門 浅草友鍼灸整骨院 院長 間渕です。

 

 

今日はぎっくり腰になってしまった際のご自身での対処法をお伝えしていきます。

 

まずはぎっくり腰に対しての応急処置みたいなことですが、どういう考えを持たなくてはいけないのか?というところが大事になってきますので、それを知らないと腰が痛いからと腰に何かしようとしてしまいますよね?

 

実際はそうではなくて、やっぱり原因というものを探すことが大事ですが、ギックリ腰になってしまってから自分で探すのは大変なことです。

 

なのでギックリ腰の原因となる最も多い場所の処置をお伝えしていきます。

 

これを行えば100%良くなるということではないですが、でもこれを行うことによって改善するケースは多いと思います。何故かというと、そこが原因になりやすい場所だからです。

 

ギックリ腰というのはどういう状態かというと、前回もお伝えしましたが、腰以外の場所(骨盤、股関節、肩甲骨など)が硬くなり動かなくなってしまい、その動きの負担を腰が受けてしまうために疲労がたまり痛みが出てきてしまうという仕組みです。

 

動きの悪くなっている部分が原因なので腰が痛いからと腰を揉んだりしても良くなりませんよね?

 

股関節を固めてしまう筋肉で原因だと考えられるのは大腿筋膜張筋という筋肉があります。

 

骨盤の横から大腿骨の出っ張りについている筋肉で、座っている時間が長かったりすると固くなります。

 

そこが硬くなると股関節をロックしてしまいます。

 

その大腿筋膜張筋を解放してあげることよって腰もスムーズに動かせるようになってギックリ腰の痛みもその場で解消してしまうこともあります。

 

大腿筋膜張筋のリリース方法はまずあまり低くない椅子に座った状態で両側から親指で両方の筋膜張筋を押し込んでいただいて、その状態で腰を前屈、後屈、左右にも少しずつ動かしてみて下さい。

 

そうすると意外と動けるようになっていると思います。その時の原因の一つは筋膜張筋にあったということです。

 

続けていると股関節の動きも復活していき腰の負担が減ってくるのでギックリ腰の痛みも解消していきます。

 

注意点はそこだけが原因ではないです。それ以外にお腹やお尻、肩甲骨周りということも考えられるので、それに対しては自分でリリースするのは難しいと思います。ですので応急処置として大腿筋膜張筋をゆるめることによってまあまあ動けるようになりますので、まずはこれを試してみて下さい!

 

完全に良くするには専門の先生に診てもらう必要がありますが、ご自身でできる応急処置としては大腿筋膜張筋を覚えておいてもらってやってみて下さい!

 

最後までブログをご覧いただき有難うございました。

 

 

 

3月20日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り6名様

ご予約は今すぐお電話で

03-6802-7227

【受付時間】10時~20時(日曜定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。