03-6802-7227

ブログ

2020/07/06(月)

腰椎すべり症、分離症とは?

カテゴリー:腰椎すべり症、分離症, 腰痛原因

 

こんにちわ!

 

台東区浅草にある腰痛専門 浅草友-YU-鍼灸整骨院 院長 間渕です。

 

 

ブログをご覧いただき有難うございます。

 

 

今日は長い間、腰痛を抱えていて、病院でレントゲンを撮ってもらいその結果、

 

腰椎すべり症と診断をされ手術の選択肢を提示されている方へお伝えしていきます。

 

では腰椎すべり症という症状はどういったものなのか?というと背骨(腰椎)がありますよね?

 

 

 

もともと腰椎というのは真っすぐではなくて少し前弯と言って前に反った状態にあります。

 

 

そこですべり症の人の腰椎を診てみると、その前弯が普通よりも強く反っている傾向にあります。

 

 

反り過ぎの状態です。

 

 

常にその反っている状態が続くことにより背骨の一か所に負担がかかりすぎてしまい、疲労骨折のような形で分離

してきます。

 

 

 

その分離した部分が前側に押し出されてしまい、上下の背骨によって神経の圧迫や、関節の異常を引き起こし痛み

が出てきます。

 

 

というのが腰椎すべり症という症状です。

 

 

なんとなくイメージはできました?

 

 

こういう状態でシップや痛み止めでは治らないことはわかりますよね?

 

 

ではどうすればこのすべり症が治るのか?

 

 

答えは簡単で反り過ぎていた背骨(腰椎)を正常な弯曲に戻してあげるということをしていきます。

 

 

そうすることにより前に押し出された骨のスペースもできてくるので徐々に戻っていき改善されてきます。

 

 

そこで反っているものをどう戻していくかということなんですが、このまま進めてしまうと長くなってしまうので

 

次回以降にお伝えしていこうと思います。

 

 

すべり症でお悩みのあなたは、シップや痛み止めに頼っていないでしっかりと原因を見つけて改善させましょ

う!!

 

 

 

11月6日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り5名様

ご予約は今すぐお電話で

03-6802-7227

【受付時間】10時~20時(日曜定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は10時~20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。